インプラント治療とは

審美歯科の広告や紹介をみると「インプラント」治療という言葉をよくみます。インプラント治療とはなんでしょうか。インプラントとは、体内に埋め込む医療機器や材料の総称をいいます。例えば、心臓のペースメーカーや人工関節、美容成形に使われるシリコン材料などはすべてインプラントです。歯がなくなったときに、埋め込む人口歯根も、インプラントのひとつであり、歯科インプラントやデンタルインプラントと呼ばれます。しかし、最近は一般的にインプラントという言葉は、歯科インプラントのことをさすようになりました。全部の歯がなくなった場合でも、1本の歯がなくなった場合でもできる治療方法ですが、歯がない部位のあごの骨にインプラントを埋めて、そのインプラントに義歯をつける方法のことをいいます。インプラントの歴史は古く、紀元3世紀ごろのローマ時代の人骨からは、上あごに鉄製のインプラントが埋まっているものが発見されました。中南米では、紀元7世紀ごろの人骨からインプラントが発見されています。しかし、確実な治療法として取り上げられるようになったのは最近のことです。1950年代に、金属チタンを骨の中に埋めると、骨と結合する現象が発見されたり、ネジのような形状のインプラントの臨床応用が開始されたりしました。その後1980年代に骨と結合するインプラントの臨床結果が世界的に知られるようになり、様々な改良が加えられ、現在に至ります。現在のインプラント治療はどのようなものなのか詳しくみていきましょう。










スペシャルコンテンツ